《インド旅レポ》アジアの中の異世界へようこそ

スポンサードリンク

前回の卒業旅行に引き続き、引き続きインドに滞在しています。

参照記事 ▷▷▷《卒業旅行旅レポ》伝統衣装で交流したインド思い出の旅

《卒業旅行旅レポ》伝統衣装で交流したインド思い出の旅

首都のデリーから始まったインド旅企画、今のところどんなことを体験したかというと…

  • デリーにて本場のターリーを味わう
  • 現地特別イベント・デリー在住のゆきんこさんとトーク
  • インドでNo.1の規模を誇るモスク一の
  • アグラにある世界遺産タージ・マハルを拝む

と、盛りだくさんの内容でお届けしてきました。

参照記事 ▷▷▷【旅企画2018】秘境インドのタージマハルと聖地バラナシのガンジス河へ

首都デリーからすでに異世界

首都のインディラ・ガンディー国際空港は数年前に改装されたようで、個人的にメトロができる前のデリーしか知らなかったので、その綺麗さに驚きました。

でも、ひとたび空港を出て街まできてみると、上記写真のごとく異文化の匂いが詰まった世界が広がっています。

インドの食と言えば、やはりカレー。北インドでは本場のカレーセットのことをターリーと呼びます。

インドの南部は稲作が盛んなので米が主食ですが、北部は小麦がよく取れることからチャパティ(写真右)という全粒粉と水を捏ねて生地をのばして焼いたものもメインで食べます。

この味は、やっぱりインドに来ないと味わえませんね。

インドでは、どこの町に行ってもこのような物乞いを見かけます。

こちらが外国人とわかると食べ物やお金を求めてきますが、それをどう対応するかは自分次第。

個人的に「一切あげてはいけない or できる限りあげる」という二者択一の選択ではなく、その場その場の考えて対処していくことが大事だと思っています。

現地特別イベント・デリー在住ゆきんこさん

今回の現地特別イベントは、有名ブロガーでもあるゆきんこさんをお招きしました。

彼女は世界一周の旅を経てからなぜかインドに移住(プチ潔癖症なはずなのに 笑

すでに1年半デリーで生活しているとのことで、海外での暮らしやインドの諸事情についていろいろと聞かせてもらいました。

 

デリーのメインバザールで記念撮影をする参加メンバーとゆきんこさん。

現地からインドのビザ情報や旅事情について綿密な記事を書いているので、インド旅を検討している人にはオススメのブログです。

 

ゆきんこさんブログ ▷▷▷yukinkoblog | 潔癖症なのに世界一周後インドに移住した変な人の旅ブログ

リアルなインドの雑踏感があるオールドデリー

オールドデリーには、インドで最大規模のイスラム教のモスクがあります。

それは、ジャマー・マスジッド

インド国内の人口のうち 過半数はヒンドゥー教ですが、この近辺はイスラム教の人たちエリア。

宗教ごとに住むエリアも住み分けされているので、日本人が思うほど宗教間の対立やいさかいは少ないようです(センシティブな問題はあるにはありますが…)。

モスクの前で売っていたムスリムの帽子を買って被ってみる参加メンバー。

記念撮影を頼んでも嫌な顔せず応じてくれたのが印象的でした。

唯一無二の建築  世界遺産タージ・マハル

その美しいフォルムとシンメトリー(左右対称)の建造物として世界に名を馳せる建造物タージ・マハル。

インドの中でも随一の世界遺産の建造物です。

とても立派なたたずまいから宮殿だと勘違いされがちですが、実はちがいます。

そう、タージ・マハルはお墓なのです。

この建物が建てられた背景には、とても壮大な愛の物語が秘められています。

その当時、大きな力を持った第5代皇帝シャー・ジャハーン。

彼は自分が愛したお妃のために、巨額の建設費用をつぎ込んでこのタージ・マハルを建設しました。

そこからはじまる秘められた物語とは… この続きは旅企画に参加した人にお伝えします(もったいぶってすみません)

この後は聖地ガンジス河の町バラナシへ

デリーとアグラ(タージ・マハルがある町)をあとにして、再度夜行列車でバラナシへ。

旅の後半戦、体調に気をつけながら向かいます。

 

*今回のような参加型の旅企画以外に、参加者の都合が合う日取りと期日で旅にご案内できるオーダー型の旅企画もご用意しています。

海外の旅行にまったく慣れていない人にも安心して参加できますので、お気軽にご相談のほどお待ちしてます(お問い合わせフォーム or FacebookTwitterのどれでもOK^)

 

お友達と一緒にオーダーメイドの旅を

【期間】2泊3日〜 【人数】1名以上より

【メリット】少人数でも参加可能なので、より自由度が高いプランです
仲の良い日本のお友だちと海外で新しい思い出がつくれます

参照:参加システム | 旅するローカルアジア

The following two tabs change content below.
1982年生まれ 群馬出身 元映像カメラマン
取材/ライター業と海外旅企画を運営中。Podcast番組の海外取材/世界一周(約90ヶ国)を終えて、広島/福山近辺で半農半X的な暮らしを送る。同時に落語ナビゲーターとしても活動中。

スポンサードリンク

国とカテゴリー別の記事はこちら

落語ナビゲーターとして活動しています

年間約100席の生の落語を観ている(音源は毎日)落語ナビゲーター・ミツルが、初心者目線の落語の魅力をプレゼンでお届けします!

「落語ってむずかしくないの?」「どうやって聴いたらいいの?」 そんな疑問もOK。出張(交通費のみでも可)して”落語の楽しみ方講座”をご披露します!

☝️旅仲間と引率者と一緒に海外のローカルをめぐってみませんか?☝️

あなたの知らないローカルな海外の旅をご案内!


旅するローカルアジアからは、引率付きの参加型の旅オーダー型の旅や引率なしの旅のプランニングなどを行なう海外旅企画です

Image


さらに、他のパッケージツアーではなかなか味わえない現地での交流イベント現地での記念撮影をご用意しています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)