無料で関空付近に車を停める方法とは?

スポンサードリンク

10年前と比べて、最近はLCC(格安航空会社)がものすごく発達してきました。

今回は、西日本に住んでいる人で車で関空まで行く人へのおすすめ情報です。

LCC群雄割拠の時代

最近は、JALやANAのような大手航空会社よりも、格安航空会社を使うのが当たり前になってきましたね。

国内の代表的なLCCを挙げていくと、ジェットスターピーチバニラエア春秋航空エアアジアなどなど。

特別セールやプロモーションのチケットであれば、大阪→沖縄の航空券が3000円くらい(!)で買えてしまうこともあるので、うまくすれば新幹線やバスよりも飛行機の方が安くなるほどです。

 

実は、四国には各県に空港があります。

…なんですが、まだ高松(香川県)と松山(愛媛)にしかLCCが飛んでおらず、高知で安い航空券を取るとしたら、関空or高松or松山まで行かねばなりません。

高松と松山の空港は、まだジェットスターとピーチなどの安い航空会社しか通っていないので、自分の場合、ほぼ毎回関空まで行っています。

 

空港駐車場→高い もっとお得な方法とは…

そうなってくると気になるのが、関空まで往復する車の「ガソリン代」と「高速料金」と「駐車料金」です。

ガソリン代と高速料金は、まぁある意味仕方がないとして(余裕をもって下道で行ったり、道がすいている時間が行くなどの工夫をし多として)できればもっと節約したいのが、空港の駐車料金です。

関西空港格安駐車場料金:JPパーキング関空(予約制だから安心)

上記のような格安駐車場もありますが、四国から大阪の関空に行くならば、もっとお得に関空までたどり着く方法があるのでは…?と思っていた時にある方法を発見したので、今回はそれをご紹介します。

 

それがこちらです👇

車を神戸港に置いて、船で関空まで行く方法です!

この方法なら、車で関空まで行かずとも、神戸港からベイシャトルという船で関空まで行くことができるのです。



ベイシャトルがお得な理由その1 駐車料金が無料!

どうしてこのベイシャトルがお得なの?と聞かれたら、まず一番に伝えたいのが何日停めても駐車料金が無料という点です。

これ、すごくないですか?

普通の駐車場なら1時間でも停めたらお金を取られるものに、何日停めても無料だなんて…。

駐車場も、24時間入出庫可能なので夜中や早朝の何時にきても停めることができます。

*ただし、駐車期間が30日を越える場合は事前申請が必要になるそうなので、神戸空港海上アクセスターミナル内チケットカウンターで事前に申し込む必要があります。

駐車場はこんな感じでかなり広いので、停められないことはほぼないでしょう。

一つだけ注意点があるとしたら、駐車場の無料処理は船内でしかおこなえないので、必ず忘れずにやっておくことです。

あとは、長期で停める場合は、万が一に備えて貴重品や高価なものは車内に入れておかないようにしておきましょう(ガードマンがいたので無人駐車場ではありませんが)。

 

ベイシャトルがお得な理由その2 四国から近い

お得な理由その2は、四国or中国地方のどこから向かったとしても、関空に行くよりも距離が近いことです。

上記の画の通り、関空に行くには大阪の中心部を通ってぐるっと回らないと行けないんですね。

その分のガソリン代や高速代や関空の駐車料金を考えると、神戸港に無料で車を停めて船で向かってしまった方が総合的にお得感があります。

 

ベイシャトルがお得な理由その3 複数人で行けばこっちの方がお得

その3は、二人から三人で行ったとしたら、ベイシャトルの方が値段が安くなる点です。

さすがに一人で行くとなると、高速バスや電車で向かった方が割安になりますが、その場合は自宅から交通機関のある場所まで車以外の方法で向かわねばなりません。

車移動が日常になっている人の場合、その移動自体が大変なこともあるでしょう。

 

ちなみにベイシャトルの神戸港→関空までの料金は、下記の通りです。

画像参照 Bay Shuttleより

往復で買うと3000円になるので、往復で買っておいた方が割安になります。

チケットをなくしてしまうと無効になってしまうので、なくさないように気をつけましょう。



実際のベイシャトルの乗り方

では、実際のベイシャトルに乗るまでの手順について説明しておきます。

駐車場に車を停めたら、受け付けのオフィスに入ります。

ここで、船の料金を支払って(クレジットカードも可)乗船時間までしばし待っていましょう。

神戸空港(神戸港)〜関空と、関空〜神戸空港(神戸港)までの時刻表はこちらです。

画像参照 Bay Shuttleより

時間帯にもよりますが、おおむね一時間に一本のペースで動いています。

混雑が予想される時期は、ホームページから事前に予約することもできるので、心配な場合は申し込んでおくと確実に乗れます。

チケットカウンターの後ろには、こんな自動の外貨両替機がありました。

「ここにこんな両替の機械があるなんて!」とおどろいてしまいました。海外では、まずこんな両替自動の機械を見たことがありません。

途上国に置いておいたら、まず中のお金を抜き取られてしまうでしょう 笑。

レートはどの外貨もあまりよくないようでしたが、その国に行く前に現地通貨に変えておきたい という人にはいいかもしれません。

時間になったら、アナウンスの呼び込みがかかるので、船の中に入ります。

座席はすべて自由席ですが、大きな荷物は席に行く前に預かってくれる場所があるので、そこに置いておけます。

ここから約30分、関空に着くまでのしばしの間、船の旅を楽しむことができます。

*船に入ったらすぐに駐車場の無料処理の機械があるので、そこで駐車場の半券を通しておきましょう。これを忘れると駐車料金が無料にならないので、絶対に忘れずに!

 

四国から関空に行く人は利用価値大です

いかがでしたでしょうか?

高知の人で龍馬空港を使わずに関空に向かう人には、このベイシャトル かなりお得な方法だと思います。

しかも、日本を出る前に一度船に揺られて空港まで行くなんて、ちょっとワクワクしませんか?

何度も関空に車で行っているから飽きているという人にもお勧めの行き方です。

 

そんな神戸-関空ベイ・シャトルの詳細情報はこちらです

株式会社OMこうべ  海上アクセス事業部

〒650-0048 神戸市中央区神戸空港10番 神戸空港海上アクセスターミナル

ホームページはこちら↓

神戸-関空ベイ・シャトル | 海上アクセス

より詳しい情報は上記のホームページに載っていますが、こういうサイトにしてはかなり見やすいページで、とても分かりやすく書いてあります。

今回は、西日本から関空まで車で向かうお得な情報についてお届けしました。

また、海外への旅行にまつわるお得な情報があったら記事にしていきますので、どうぞお楽しみに!

落語ナビゲーターとして活動しています

 
年間約100席の生の落語を観ている(音源は毎日)落語ナビゲーター・ミツルが、初心者目線の落語の魅力をプレゼンでお届けします!

「落語ってむずかしくないの?」「どうやって聴いたらいいの?」 そんな疑問もOK。出張(交通費のみでも可)して”落語の楽しみ方講座”をご披露します!


落語ランキング

カテゴリー別の記事はこちら

スポンサードリンク

 ☝️ 👇 ☝️ 👇 ☝️ 👇 ☝️ 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)