《マレーシア旅レポ》絶景かつ免税の楽園・ランカウイ島

スポンサードリンク

※ おかげさまで、この企画は無事に終了しました*

ここは絶景の孤島!マレーシアの離島ランカウイ島にやってきました。

この島は、お酒ご法度イスラム教のマレーシアでありながら、なんと島全体が免税になっているため、ビールがコーラよりも安い値段で飲めてしまうというトロピカルアイランドです

くわえて、広大な自然が残るまさに“楽園”と呼ぶに相応しい緑豊かな島
大きな太陽が海岸線に沈む姿は、素晴らしいの一言です(しかし、若干開発が進みすぎているところが気になりました)

そんな絶景が望める島で、またしてもいばや通信の坂爪さんにお会いする機会にめぐまれました

相変わらずの清々しさと軽やかさに満ちた坂爪さん
参加メンバーと共に太陽の照りつける海に入ったときに、ふとこんなことを話していました

『これからは、どこかのオシャレなカフェで人と話をするよりも、一緒に海に入って波に揺られながら話をした方がいいような気がします』

これは一緒に体験してみて「うん!納得!!」の言葉でした

スポンサーリンク

 

たとえば、下手にオシャレな街中のカフェだと、Wi-Fi設備があったり、コーヒーが美味しすぎたり と、相手との話以外に注力してしまう部分が多々ありますが、海の場合、適度な前進運動とともに、ほどよい波に揺られる自然のセラピー効果と脱力感から、心からリラックスした話ができる ということです(しかも無料で!)

仮に、近くに海がなければ、別の自然の産物・川や山に行けばよいことで、要するに、暮らしの身の回りにある豊かな自然に身を置いて人と話をするだけで、特別な場所や施設を利用する必要はない という指摘でした

ただ海に入っただけでさらっとそんな発見をするなんて、なんて健やかで軽やかな人なんだ と、驚きました

そんな素敵な発見を話してくれた後、彼は次なる目的地へと軽やかに進んでいきましたが、新しいアイデア・概念を発掘し、それを囲い込むことなく周りにシェアし続ける坂爪さんの姿に「この人は誰よりも”人としての仕事”をしている人だなぁ」という感想を持ちました

自らの体と気持ちを移動させていれば、こんなめぐり合わせや発見に出会う機会は案外身近にあるのでは?と感じました
それは、ふっとトイレに立った後、不意に新しい発想が生まれるように

また『アイデアと移動距離は比例する』の法則に則って、微細な移動を楽しむ暮らしも悪くないかも と、感じたランカウイ島でした

明日からは旅の終盤、ホーカーズめぐりがとっても楽しいシンガポールへ飛びます。

 

落語ナビゲーターとして活動しています

 
年間約100席の生の落語を観ている(音源は毎日)落語ナビゲーター・ミツルが、初心者目線の落語の魅力をプレゼンでお届けします!

「落語ってむずかしくないの?」「どうやって聴いたらいいの?」 そんな疑問もOK。出張(交通費のみでも可)して”落語の楽しみ方講座”をご披露します!


落語ランキング

カテゴリー別の記事はこちら

スポンサードリンク

 ☝️ 👇 ☝️ 👇 ☝️ 👇 ☝️ 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)