瞑想で得られる気付きとメリット

スポンサーリンク

みなさん、瞑想をご存知でしょうか?

夏の暑い時期には、気分転換と知力の回復を兼ねて、かるい瞑想をしてみてもいいかもしれません。

ざっくりと”瞑想”とは?

『瞑想』と聞いて、みなさんどんなイメージを持つでしょうか?瞑想とは、

を静めてに祈ったり、何かに心を集中させること、心を静めて無心になること、目を閉じて深く静かに思いをめぐらすこと 《参照 Wikipedia 瞑想

ということを指します。ボクがこの瞑想に出会ったのは、みなさんお察しの通り、海外にいたときです。
さらにお察しの人もいると思いますが、それはずばり、インドにいたときのことです。

下界とは離れた場所で10日間 瞑想漬け

あまり表立って言ってませんでしたが、今から約7年前、合宿形式で瞑想を学ぶことができる”瞑想センター”と呼ばれるところに通っていました。

IMG_3155
IMG_3152
(北インドのダラムサラにあるヴィパッサナー瞑想センター)

 

この瞑想法は、旅人の間では名が通った種類の瞑想ですが、いわゆる、ゴエンカ式のヴィパサナー瞑想です。

いろいろな瞑想法がある中でも、これは、かなりストイックで厳しい制約がある瞑想といわれています。

簡単に説明すると、10日間もの間、下界と隔たれた場所で、だれとも口をきいてはいけない・目も合わせてはいけない・本を読んでもいけない、ただただ、瞑想の修行をし続けなくてはいけない(!)瞑想法です。

「なんて厳しいルールなんだ!」と思うことでしょう。
しかし、厳しいからこそ得られるものも多い瞑想なのです。

実際、参加したくてもキャンセル待ちが続出する時期もあるくらい、日本でも参加人口が増えている瞑想です。


詳しくは、旅人・大樹くんのブログをご参照下さい

《参考記事》泣いた!10日間目を合わせたり話したりする事が出来ないヴィパッサナー瞑想体験談

瞑想の途中で気がついた自分の欠点

上記のブログでも書いてあるとおり、この10日間ではいつもの日常では考えられない劇的な内面の変化が起きます。

これはあくまで一例ですが、『長年苦しんできた◯◯の痛みがほとんどなくなった』や『夜、亡くなったはずの母親が何度もでてきた』や『だんだん足の痛みがなくなってきて、次第に体全体が一つになっていった』なんて人もいれば、『まちがいなく”神”を見た』という人もいるほど。

その変化がどういうものであるか、そればかりは千差万別・人それそれぞれですが、ボクが初めてこの10日間の瞑想修行に参加して得られたものは… “自分の集中力の無さ”でした。

IMG_3146
IMG_3143
(2012年 北インド・ダラムサラの瞑想センターのインド人スタッフと故・ゴエンカ先生)

 

『真剣に瞑想を学ぶ!瞑想するためだけにここにやってきた』そんなことは百も承知ながらも、どうしても瞑想に集中できない自分が顔を出してきて、そいつを引っ込めることができませんでした。

何度あがいてもその気持ちに打ち勝つことができず、初めての瞑想修行の10日間で一番得られたものは、“自分自身の内側に向き合うことのできない弱さ” を知ったことでした。

インドのヨガと瞑想の世界に

はじめての瞑想修行から数年が経ち、あれからポッドキャスト番組のインタビュー取材と平行しながら、世界各地のヴィパッサナーセンターを巡りつつ、世界の旅を続けていました。

思えば、1日の中で必ず瞑想を取り入れていた時期もあります。
ちょうどその頃、別の国からまたインドに戻り、本格的にヨガを練習するようになりました。

振り返ってみると、英語学校に通いながらヨガレッスンに通ったり(デリーのシヴァナンダヨガ)『アシュラム』と呼ばれるヨガ施設で毎日アーサナ(ポージング)の練習に励んだり(ダラムサラのハタヨガ)『シャラ』というヨガスクールに通って世界のヨガティーチャーたちと一緒にクラスを取ったり(マイソールのアシュタンガヨガ)するほど、その当時は、かなりヨガ熱が上がっていました。

IMG_0086
IMG_0316
(北インド・ダラムサラにあるベジレストラン”ルンタ”の絶品日本食。練習の合間によく行っていました)

 

ヨガと並行して瞑想も続けてくると、ごく自然な流れで、精神世界への興味が強まってきました(思えば、この頃から完全な禁酒&ベジタリアンになりました)。

海外の宿で手に取る本や、インターネットを開いてみても、自然とヨガや瞑想ばかりを調べるようになり、一時期、ディープな精神世界・スピリチュアルなカルチャーにどっぷりと浸かっていた時期もありました。

IMG_3283
(今まで知らなかった世界の扉を開いて少し危ない方向にいきそうになった頃)

そんなときに、ちょうど高城剛”という人の存在を知りました。

瞑想とのあらたな付き合い方

The following two tabs change content below.
1982年生まれ 群馬出身 元映像カメラマン
取材/ライター業と海外旅企画を運営中。Podcast番組の海外取材/世界一周(約90ヶ国)を終えて、高知/嶺北で半農半Xな暮らしを送る。同時に落語ナビゲーターとしても活動中。
スポンサーリンク

☝️旅仲間と引率者と共に魅力あふれるアジアに行ってみませんか?☝️

あなたの知らないアジアをご案内!


旅するローカルアジアは、参加型の旅オーダー型の旅や引率なしの旅のプランニングなどを行なう海外旅企画です

Image


さらに、他のパッケージツアーではなかなか味わえない現地での交流イベント現地での記念撮影をご用意しています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)