〜台北にも湯畑が!混浴の新北投温泉でほっこり〜

スポンサーリンク

”台北の温泉&観光&グルメ三昧” と称した今回の旅行企画

3日目は、台北郊外にある温泉に行ってきました

台北駅からMRTに揺られて約35分、台湾の地元民もよく利用する温泉街があります

ここ“北投温泉”は、白硫黄泉・青硫黄泉・鉄硫黄泉の三つの泉質のお湯を楽しめます

時間があれば温泉リゾートに泊まってみるのもありですが、手軽に公衆浴場を味わうのであれば、露天風呂の”千禧湯”がお勧めです

ここは水着着用にはなりますが、露天風呂が温度別に4つあり、水風呂も付いています

しかも混浴の露天風呂♨︎ …でも、実際は年齢層は高めの台湾人比率が高い場所でした(欧米人旅行者もチラホラいましたが)
でも、地元の台湾人おじさん&おばさんの中に混じって、効能の湯をほっこり堪能できます

この上にある源泉”地熱谷”もまた必見!

かつての日本統治時代には台湾八勝十二景の一つにも選ばれていたそうで、硫黄の匂いの漂う湯けむりがうちの田舎の草津温泉を彷彿させました

そして、気がつくと4泊5日の旅行も今日で終わりに
台湾は人に食に温泉に景色に…と、癒しのポイントが満載の国でした

スポンサーリンク

 

フライト代も運が良ければ往復2万円以下で来れるので、2泊3日くらいのオーダー型の受注型旅行でお友だちとご一緒にグルメ三昧を楽しみに来ませんか?


意外とこんな低価格で旅行はできるものです↓

例)3日間の台湾旅行の必要最低予算は…

往復フライト代 約20,000円 + 参加費 25,000円(35,000円) + 滞在費費など 15,000円 = 合計 60,000円 前後

 

その他の台湾の景色は、下記のFBページから徐々に更新していきますので、どうぞお楽しみに^

旅するローカルアジア Facebookページ
https://m.facebook.com/localtraveltour/

スポンサーリンク

格安であなたの知らないアジアをご案内!


旅するローカルアジアは、参加型の旅オーダー型の旅や引率なしの旅のプランニングなどを行なう海外旅企画です

Image


さらに、他のパッケージツアーではなかなか味わえない現地での交流イベント現地での記念撮影をご用意しています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)