プロフィール

旅の総合企画 & 引率者 : 中澤ミツルのプロフィール

1982年生まれ / 群馬県出身 です
image-1

学生時代と社会人時代

かかぁ天下と空っ風な土地に生まれながらも、母方の性質を受け継いだのか、持って生まれた活発な性格から、故郷の群馬を離れて活動しています。

学生時代を振り返ってみると、中学では走りっぱなしのバスケ部、高校では超体育会系のラグビー部に入部し、心身ともに鍛えられた時間を過ごしました。

卒業後、地元の専門校に出てから田舎のカメラ店に就職しますが、ルーティン通りの刺激の少ない日々を送る中で「ここじゃないな…」と感じ続けたことをきっかけに、思い切って退職。

09

田舎からの上京と愛知万博

その後、東京の町田にいる友だちを頼って、2001年に思い切って上京しました。

上京後は、写真とカメラが好きだったことから、友人が新百合ケ丘にある日本映画学校に通っていたツテを借りて、自主制作映画班のカメラマンとしてその制作チームに加わることに。

同時期に、趣味で投稿していた写真が、なんと写真雑誌で佳作を授賞。
そこから、もっと写真の勉強をするために渋谷の写真芸術専門学校への入学を考えつつ、映画制作と趣味の写真撮影を続けていました。

10

 

数年後、いったん東京の暮らしと映画制作班を離れることを決め、その当時、愛知で開催されていた愛地球博の仕事に就くことに。

そこで、万国博覧会の海外の文化の多様性に魅了され、それをきっかけに一度、日本を離れることになりました。

14256672_10205306192734924_720085516_n

海外での活動へのシフト

そして、2006年に初の海外バックパッカーデビューを果たします。

その後、2007年に中国の大連で韓国系IT企業に1年間勤務し、2009年にはインドのデリーにある日系コールセンターで働きながら、デリーにあるカナダ系の英語学校に半年間通いました。

インドの衝撃を受けた後に、いったん日本に帰国しますが、ちょうどその年の3月11日に東日本大震災が起きました。

福島の被災地へボランティア支援に行きましたが、それからは自分の直感に従って、2011年7月、より知識と見聞と自分の幅を広げるため、長期の海外の旅に出発します。

IMGP0434

 

海外からのインプットとアウトプット

出国後、自分にできるアウトプットの形を模索した末に、旅の傍らでPodcast(インターネットラジオ放送)番組世界発信!旅人に訊こうのインタビュー取材自主制作の海外配信をスタートし、海外旅行ラジオのグループ最大手の旅々プロジェクトに加入しました。

取材以外の活動としては、ヴィパッサナー瞑想センターの世界各地の支部の瞑想センターでボランティアサーヴをしていました(通算すると計15回ほど)。

思えば、インドで30歳の誕生日を迎えたあのときから、いまも継続しているペスクタリアンになりました。

その2つを並行しつつ、30歳以下なら誰でも取得できるワーキングホリデー制度を使って、オーストラリアの農家でファームジョブやオーガニックの菜園やWWOOF(ウーフ)などの持続可能は暮らしを学びつつ、約2年間の豪州生活を終えました。

その後、2014年11月に初の著書旅立ち、肉断ち、そして友だちへと、

mitsuru916様納品データ

同年12月に、初の写真集中南米8メガピクセルの景色の2冊を、海外にいる間に出版することに。

表紙完成

 

帰国後の活動と現在

振り返ってみると、いままでの海外の居住経験は中国に1年・インドに1年・オーストラリアに2年ほど。
合計すると世界約90ヶ国の訪問 / 世界一周約100人の国内外インタビュー取材を経てきました。
現在は、約10年の海外滞在歴を活かして、ライター旅するローカルアジア』海外の旅企画のコーディネートと現地引率と、『世界発信!旅人に訊こう』国内外の旅人と現地在住の日本人へのインタビュー番組など、複数のナリワイを持ちつつ、高知の田舎(嶺北)とタイのチェンマイに居を構えています。

 

この海外旅行企画を通じて、魅力あふれるアジアの国々を一緒にめぐりながら、旅のノウハウや海外にまつわるいろいろなことをお伝えできたらと考えています。

 

旅の形としては、通常のガイドor添乗員として同行するものではなく、ボク自身も一緒にアジアの旅を再確認するという形でお届けしています。

それと共に、いままで経験してきた海外での取材活動やそのノウハウ、また日本の田舎での暮らしやベジタリアン生活について、自分が伝えられる海外にまつわることを通常のパッケージツアーでは味わえないエキゾチックな旅をお届けします。

 

*ミツルと旅するローカルアジアのツイッターアカウントはこちら