ライター実績とメディア運営情報

いままでのライターの実績メディア運営情報過去の書籍出版の情報をまとめたページです。

ライターor取材のお仕事の依頼も随時受け付けているので、詳しくはページ下からお問い合わせいただければと思います。

*随時更新中です*

過去のライターの実績

いままで書いてきたライターの記事の紹介です。大きく分けると…

  • 『日本の農業の未来を担う若者たちの”ワクワク”を育むWEBマガジンタイプの学び舎』The CAMPusの記事
  • NPO法人のインタビュー記事
  • 高知の田舎暮らしにまつわる取材記事
  • フリーランスにまつわるライティング記事
  • インテリア家具を紹介する記事
  • 海外の国々・地域の特徴をまとめたライティング記事

などがあります。

さまざまな媒体で書かせてもらっていますが、その中でも得意としているのは、

  • プロの農業従事者へのインタビュー取材記事
  • 各種インタビュー取材関連の記事
  • 海外の国々に関する地区情報などの記事
  • 独自のオピニオンの記事
などです。

報酬や取材費用・文字数などは、別途ご相談いただけると幸いです。

 

執筆媒体の紹介

The CAMPus(キャンパス

The CAMPus は、インターネットをプラットフォームとした『日本の農業の未来を担う若者たちの”ワクワク”を育むWEBマガジンタイプの学び舎』です。ナビゲーターとして、実際に農家さんのもとに取材へ行き、農作業を手伝いながらインタビュー&撮影をして良質な記事を届けています(一部有料記事です)。

 

【地域の未来を切り拓く自伐型林業のすすめ】シリーズ

 

【豚さんから学ぶ次世代農家の畜産学】シリーズ

 

ありのままを育む在来種柑橘学【瀬戸内レモン】シリーズ

 

【桜の山農場の暮らし循環学】シリーズ

 

【里山で育む 横穴式はっとり生姜学】シリーズ

 

NPO法人れいほく田舎暮らしネットワーク

嶺北に移住者してきた人で、新規ビジネスや本業以外の副業・二足のわらじの仕事で活躍している人のインタビュー。緑の豊かな中山間地域の土地を活かした仕事をする人や、海外と関わる活動をする人など、それぞれの個性・得意分野を活かした仕事をしている方々の特集記事とNPOの活動記事と物件紹介記事を書きました。

 

NPO法人ONEれいほく

高知のれいほく地域に住む若気を取材し、そのインタビューを載せていく若気インタビュー。高知県外の田舎の地域でマルチに活躍している人にも取材させてもらいました

 

SORAMIL リバーサップそらみる

そらみるは高知の吉野川・四万十川をリバーサップで川下りを楽しめるアウトドアの会社です。そのスペシャルインタビュー記事を書きました。

 

フリーランスfan

あらゆるフリーランス・自営業にまつわる情報サイトです。そのフリーランスの仕事にまつわる記事を書きました。

 

furny

暮らしにワンランク上の豊かさ・彩りを添えるインテリアを紹介するサイトです。インテリアに関する記事を書きました。

 

メディアの運営

2017年11月〜
広島/福山から日々の発見と落語の魅力を発信するブログ

【落語とローカルアジアから】

http://local-travel-tour.com/

(説明するまでもなく、このホームページです)

 

2012年11月〜
Podcast番組・インターネットラジオ放送

【世界発信!旅人に訊こう -現地在住!日本人に訊こう-】

http://tabitabi-podcast.com/tabiask/

国内外で出会った旅人や興味深い現地在住の日本人に、その土地の生の声を訊く音声放送の番組です。

旅人・ツーリストの視点で感情移入しながら聴く【旅人に訊こう】と、現地に住んでいる人ならではの情報がきける【現地在住の日本人に訊こう】カラーのちがった2つの放送が楽しめます。

 

 

販売書籍と写真集

2014年11月に出版した海外で経験してきた あらゆることをアウトプットして書き出した渾身の初の電子書籍

旅に出たことで変化する自らの視点と思考。
本書のテーマである「旅」と「断つ」と「交友」を織り交ぜて、筆者が出会い学んできたいくつもの手法(ヨガ,瞑想,断食,心理カウンセリング等)と、海外の旅と中国:インドに在住時のエピソード。
それらを経た上で、これから旅立つ人と「友だち」に対して伝えたいメッセージとは?

特別に「まえがき」を公開します。

 

はじめまして 中澤充です。

この本は、いままで自分が旅をしてきた中で感じたこと、そこで見てきた現実・出会い・そして行動してきたことを、項目ごとに書き記したものです。

とりわけ、海外に出てからインプットしてきたものを中心に書いていますが、海外にまったく出たことのない人にも伝わるように書きました。

ただ、読む人によっては「本当にそんなことってあるのか?」「私にはそうは思えない」と思う部分があるかもしれません。

そう思ってしまうのも自然なことです。人は無意識にもいままで信じてきた価値観と極端に異なるものを目にした時、それをすぐに鵜呑みにしないものです。

自らがその体験を通じた上で、それが間違いのないことだと分かった時に、はじめてそれを受けとめられます。

 

かくいう自分も、旅に出るまでは、新しい価値観を素直に受けとめきれず、色々な面で大人になりきれないまま、とても子どもじみていました。

ひとたび世界に出てしまえば、自分が育ってきた狭い世間で通用していた常識など、まるで相手にされません。

仮にそれをつらぬいて行動したとしても、周りからは白い目で見られ、あきれられるでしょう。

飛び出したい気持ちをおさえ、本来の自分の言語と振る舞いを控えた上で、その場に合わせた行動を学ぶ機会。

おのれの常識が通じない場面においては、そんなことを誰かに試されているような気がします。

 

そんな経験を積み重ねながら、旅の中の非日常の時間を過ごしているうちに、現実の社会に戻った後で「自分はどう在りたいのか」ということについて、積極的に考えるようになりました。

さらに、どんな物事もそれを別のものと比較して見た時に、はじめてそれが対象化されて客観的に捉え直すことができる。

そんなことも、旅における現地の人々との交流や、初めてのものに挑戦していく中で自然とつちかわれていきました。

そこから、いままで当たり前に信じていたものを疑う気持ちも生まれてきました。

 

「旅先」での様々な出会いと経験から、新たな知識や情報をもらいうけ、そこからいままで当たり前にあったものを「断つ」ことによって、別の考えやアイデアを生み出していく作業。

そうした中で、それらを共有して高め合うことのできる「友」たちとの素晴らしき時間。

「友人たちとの確かな交流」

ここに、人生の喜びを分かち合えるものが潜んでいたのか! と「旅」と「肉断ち」を経た上で気がつくことができました。

この本では、そんな過程を個人的な想いとともに書き記しています。

 

序盤では、旅立ちにちなんで、現地でのエピソードの話を記しました。

中盤は、肉断ちと称して、過去に学んできた体験とその想いを中心に描いています。

そして終盤は、友達や知り合い、広く読者に向けて伝えたいメッセージを綴りました。

三十二歳になる男が、旅の中で味わってきた喜びと悲しみ、成功と失敗、そして出会いと別れ。

それらを踏まえて、描かれている筆者の成長と苦悩。

どうぞ、温かい目と醒めた頭で読み進めてもらえると幸いです。

 

 

中南米8メガピクセルの景色

2014年12月に出版した中南米にスポットライトを当てた写真集

ラテンアメリカ・中南米諸国を旅してめぐり、そのハイライトとなった景色の写真集。
雄大な自然の姿と特有の動植物、色彩豊かな民族衣装と気さくな現地の人々、太古の昔から引き継がれた伝統と現代の文化が融合した姿。
そして、最後まで読み進めると分かるタイトルの秘密。

 

===================

 

随時更新の情報ですが、現状では以上になります。

取材活動歴は、2012年から数えて合計6年と少々あります。独自の視点かつ、できるだけ読者ファーストな記事を心がけて、執筆しています。

 

*ライターの取材/記事の作成、受け付け中です。

下記のフォームかFacebookTwitterからもお気軽にご相談・質問いただければと思います。




内容を確認後、こちらにチェックを入れてから、「送信」ボタンを押してください。