広島県尾道市・養老温泉は昭和レトロな雰囲気

スポンサードリンク

こんにちは、大人になってから無類の温泉好きになったミツルです(@satyu_)。

今回は中国地方・広島県尾道市の温泉をレポートします♨

 

尾道市にある養老温泉へ

今回の養老温泉があるのは、広島の尾道市。自分の住む福山市から尾道市はすぐ隣なので、うちから最も近い温泉の一つです。

大浴場は冷泉を沸かした天然ラドン。泉質は単純弱放射能冷鉱泉なので、よく体が温まります

お湯の熱さは、少しだけ熱めでした。

画像出典:尾道観光協会より。浴場の外は緑が映えていました

 

豊富な宿泊プラン

養老温泉では、下記のように宿泊プランがたくさん用意されています。

  • 素泊りプラン 4,800円~
  • 朝食付きプラン 5,800円~
  • 学生プラン(2食付) 6,500円~
  • ビジネスプラン(2食付) 7,000円~
  • スタンダートプラン(2食付) 9,800円~
  • デラックスプラン(2食付) 11,300円~

真心のこもった料理が自慢らしいので、県外からきた人は一泊してみるとより良さが味わえるかと思います。

もちろん、日帰り入浴も可能です(大人500円、小学生200円、幼児100円)。

 

レトロな雰囲気がたまらない

大浴場を出ると、フロントには昭和な雰囲気満載のレトロな空間が広がっています。

この通り、いろんな種類の駄菓子や昭和の懐かしい飲み物があります。

フロントにもしっかり冷房が効いているので、夏場は風呂上がりに冷たい飲み物をぐいっと飲みたくなりますね。

ロッカーの上には、ロシアのマトリョーシカのような大量の招き猫がありました。

大浴場の前には、飲用の飲泉もありました。

体の中にも温泉を取り入れてみたい人は、ぜひお試しあれ♨!

 

とても豊富な料理メニュー

今回は食べませんでしたが、壁にはたくさんのお料理メニューが並んでいました。

尾道は瀬戸内の海の幸が豊富にあるので、魚介の料理も食べてみたいですね。

宿泊プランの特別料理もとても美味しそうでした。

画像出典:養老温泉公式ホームページより。小鉢がたくさんあるご飯は嬉しいですね

 

大広間の休憩室は、食事もできるとても広い空間!

ここもしっかり冷房が効いているので、お湯で温まったあともとても心地よく過ごせました。いやー、しかしかなり生き返りました。

 

近所なのでまた訪れたい温泉

個人的に、家の色々な片付けやDIY作業をして疲れが溜まっていたので、温泉の湯が体に沁み渡りました。

車で25分ほどの距離なのでまた行きたいなと思いますが、実はこの養老温泉のすぐ裏に「うら湯」という温泉があるのを発見! 次回はここにも入ってきます。

画像出典:うら湯公式ホームページより。ここはサウナもあるようです

 

お店情報はこちら

養老温泉のくわしい情報はこちらです。

〒722-0215 広島県尾道市美ノ郷町三成2502-1

TEL:0848-48-1411  FAX:0848-48-1412  駐車場:無料

ホームページ:http://yourou-onsen.jp/

 

営業時間:10:00 〜 21:00(日帰り入浴)

定休日:水曜日(日帰り入浴)と 12月29日~1月1日

入浴料金:大人500円、小学生200円、幼児100円(宿泊プランもあり。詳細はHPへ)

アクセス:尾道駅よりバスで20分「温泉口」バス停より徒歩7分。尾道駅より車で15分。山陽自動車道「尾道IC」より5分

また新たな温泉を訪れたり、過去の温泉情報をお届けしていくので、どうぞお楽しみに^

それでは、また♨

 

落語ナビゲーターとして活動しています

 
年間約100席の生の落語を観ている(音源は毎日)落語ナビゲーター・ミツルが、初心者目線の落語の魅力をプレゼンでお届けします!

「落語ってむずかしくないの?」「どうやって聴いたらいいの?」 そんな疑問もOK。出張(交通費のみでも可)して”落語の楽しみ方講座”をご披露します!


落語ランキング

カテゴリー別の記事はこちら

スポンサードリンク

 ☝️ 👇 ☝️ 👇 ☝️ 👇 ☝️ 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)