東西の凄腕噺家が一同に!博多天神落語まつり

こんにちは、博多のグルメに目がないミツルです(@satyu_)。

この秋、日本最大の落語の祭典に行ってきました。

 

落語ファンにとっての夢の祭典

毎年11月は博多が落語色に染まります

 

この落語のイベント、どの会に行っても凄腕の師匠たちが軒を連ねています

鶴瓶師匠や志の輔師匠などの超人気真打の出演する回は、残念ながら売り切れていました、。

大げさではなく、”日本一豪華な落語会” と言っても過言ではありません。

 

 

今回は、桂文珍師匠のすごさを再確認

あれだけ笑いをおこしたあとに爆笑の渦を作り出すとは…

 

 

ホント、落語は生で観るのと音源で聴くのとでは、雲泥の差だな と痛感した博多の高座でした。

 

橘右橘師匠による寄席文字の実演。当日の演目もその場で綴っていました

 

まだ観たことのなかった噺家を何人もチェックできて大満足。

最後は、博多の名物・やまやの明太子と、透明感のある絶品の麺・大地のうどんを食して帰ってきました とさ🍜

 

落語ナビゲーターとして活動しています

 
年間約100席の生の落語を観ている(音源は毎日)落語ナビゲーター・ミツルが、初心者目線の落語の魅力をプレゼンでお届けします!

「落語ってむずかしくないの?」「どうやって聴いたらいいの?」 そんな疑問もOK。出張(交通費のみでも可)して”落語の楽しみ方講座”をご披露します!


落語ランキング

カテゴリー別の記事はこちら

 ☝️ 👇 ☝️ 👇 ☝️ 👇 ☝️ 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)