神田松之丞さんの鬼気迫る講談、圧巻とはまさにこのこと

こんにちは、まだ花粉症に苦しんでいるミツルです(@satyu_)。

講談界の未来を背負って立つ男が、ついに福山にやってきました。

 

講談界の風雲児と呼ばれる男

上記の通り、講談界の未来を背負って立つ男であり、

『いまもっともチケットの取れない講談師』

でもある、神田松之丞さんを福山市リーデンローズで観てきました。

 

今回は、独演会ではなく、貴重な淡路人形浄瑠璃とのジョイント高座でした。

が、松之丞さん、数年前に渋谷らくごで観たときよりも迫力と凄みが数倍増していました。

Pen+で一冊まるごと特集されたほどの講談師です

 

松之丞さんの講談は、いままで一度も講談を聴いたことがない人でも問題ありません。

そんな人でも、十二分に伝わるあの圧倒的な空間制圧感

その中にしっかりと笑いも含まれいるのですから、もうエンタメとして文句の付け所がないほどです。

 

松之丞さんもよく言っていますが、講談は前提の予備知識も必須ではありません

よく「落語と講談の違いはどんな点でしょうか?」という質問がありますが、

 

【落語はホームドラマ、講談はドキュメンタリー】

だということを、まざまざと実感した圧巻の高座でした。

 

渋谷らくごでなら松之丞さんを見れるチャンスあり

そんな神田松之丞さんですが、我が師匠でもあるサンキュータツオ師プレゼンツの渋谷らくごに出演しています。

 

松之丞さんが出演する会の前売り券はだいたい売り切れてしまいますが、シブラクの素晴らしいところは、毎回当日券を50席分用意しているところ。

終演後になんとサインを書いて頂きました

 

気になってはいるけど、まだ松之丞さんを聴いたことがないという方へ、
「すでに講談の領域を超えているのでは…?」と思えるほど、渋谷らくごでは素晴らしい高座を見れるチャンスです。

珠玉のエンタメ体験として、ぜひご堪能ください。

 

落語ナビゲーターとして活動しています

 
年間約100席の生の落語を観ている(音源は毎日)落語ナビゲーター・ミツルが、初心者目線の落語の魅力をプレゼンでお届けします!

「落語ってむずかしくないの?」「どうやって聴いたらいいの?」 そんな疑問もOK。出張(交通費のみでも可)して”落語の楽しみ方講座”をご披露します!


落語ランキング

カテゴリー別の記事はこちら

 ☝️ 👇 ☝️ 👇 ☝️ 👇 ☝️ 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)