薪風呂の田舎暮らしの人にお勧め!自然循環式太陽熱温水器を導入した

スポンサードリンク

こんにちは、今年一番の買い物をしたミツルです(@satyu_)。

この度、薪暮らしをする人にとって画期的なものを導入しました。

 

太陽熱でお湯をつくる真空管温水器

去年の秋から、自宅の古民家に薪ストーブを設置しました。

石油ストーブに比べると喉も乾燥しないし、煮炊きもできるので「薪ストーブ、最高!」と思っていたのですが…。

暖を取るのと風呂を沸かすのに、日々想像以上の薪を消費してしまい、「これはどうしたものか…」と頭を悩ませていました。

そんな中、知り合いの投稿から広島市の日本 エコルさんの自然循環式太陽熱温水器サイフォンの存在を知り、思い切って注文。

先日、無事に設置してもらいました。

 

この機械、真空管で温水を作る仕組みになっているため、エコロジーかつシンプルで素晴らしい性能

付属品として、なんと念願のシャワー(!)までつけてもらいました。

おかげで、ほとんど薪を消費せずにお風呂に入れるように…!

田舎暮らしの人にとっては、時間を有効活用できるので ありがたい限りです。

 

5月の日差しでも十分なお湯が作れる

今日は、真水の状態から66度まで上がりました。

夕方には陽が陰ってしまう立地なので、陽当たり良好な場所なら今の時期でも90度越えしそうな勢いです。

いやはや、これは期待以上の性能・クオリティですね。

 

気になる値段ですが、240ℓのタンクなら価格は25万円〜

電気の太陽光パネルを設置するとしたら、桁がもう一つ増えますが、これで時間と薪を節約できると考えたら、そこまで高い買い物ではないかな?と思います。

 

HPに落語とローカルアジアからの名前が

なんと、日本エコルさんのHPに『落語とローカルアジア様邸』と、ブログ名で紹介して頂きました 笑。

購入したのは、広島県広島市安佐北区にある「日本エコル合同会社」

注文から設置までのやり取りもとてもスムーズで、広島市から福山市まで約100キロの距離があるにも関わらず、とても親切かつ迅速に対応して頂きました。

 

田んぼの田植えの後、泥で汚れてから待望のシャワーに入るのがささやかな楽しみです。

 

落語ナビゲーターとして活動しています

 
年間約100席の生の落語を観ている(音源は毎日)落語ナビゲーター・ミツルが、初心者目線の落語の魅力をプレゼンでお届けします!

「落語ってむずかしくないの?」「どうやって聴いたらいいの?」 そんな疑問もOK。出張(交通費のみでも可)して”落語の楽しみ方講座”をご披露します!


落語ランキング

カテゴリー別の記事はこちら

スポンサードリンク

 ☝️ 👇 ☝️ 👇 ☝️ 👇 ☝️ 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)